高い定着率の自毛植毛

###Site Name###

自毛植毛とは、健康的な状態にある後頭部の髪を皮膚とともに髪を採取し薄毛が気になる部分に移植する治療方法です。
皮膚とともに採取された髪は、一株ずつに分類されて施術する部分に穴を設けることで一株ずつ植えていきます。

外科手術という扱いのため麻酔を使用するため、施術中に痛みを感じることはないものの、施術後に麻酔の効果が切れてくると痛みが生じます。

自毛植毛とは情報サイトを使用する機会が増えています。

植え付けられた髪は、施術後に一度抜け落ちるものの移植した頭皮が落ち着くと再び髪が生えます。



定着率は9割を超えており、高い成功が保証されており、日本皮膚科学会の診療ガイドにおいてBランクを得ています。

自毛植毛のメリットは、まず拒絶反応が存在しないことが挙げられます。
自毛植毛は、自分の頭皮の一部を使用するため拒絶反応の心配をする必要がありません。

人工の毛を使用した植毛の場合、拒絶反応の影響により施術後約1年で植えた数多くの毛が抜けてしまうことに比べ、自毛植毛は定着率がとても高いと言えます。
2つ目は効果が確実であることがです。

コトバンクの信頼できる情報を得るために調査した結果をまとめたサイトです。

およそ9割以上という非常に高確率で手術が成功しています。
毛髪を再生させる方法は個人差が強く出てしまいがちですが、自毛植毛では個人差が現れることもなく、高確率で薄毛を改善することができるのです。

さらに、植毛後は通常の毛髪と同等にシャンプーをできますし、手入れも必要ありません。
加齢によって白髪が生えてくるほど自然な仕上がりのため、違和感もありません。